「ねぇ、俺すごい興奮してるんだよ。。」まっすぐな瞳で口説いてくる彼の情熱的なアプローチに抗えなくて。。