「もういくね…」切ない朝。もう逢えないってわかってる最後のキスに涙が止まらない - 藤木一真