タツ君が耳元で囁きながら全身を優しく包んでくれる